会員様がやりたいこと、達成したい目標・目的を最も重視して、丁寧に会話しながら学習計画を立てることを心がけています。​

Seiko Yoshikura

吉倉 聖子

高専生1年の時にプログラミング学習を開始。新卒はSIerに就職して、エンジニアとして業務システムの要件定義から導入に携わる。人事異動で経営企画部への異動をきっかけに経営に興味を持ち、グロービスのMBAを取得。 その後、コンサルファームへ転職し、コンサルタントとしてプロマネやIT戦略策定などに従事。 その後、フリーランスとしてプロマネや開発ディレクターの仕事を請け負っている。 趣味は、お酒(ビール検定3級を取得するぐらいビールが好き)・ヨガ・ピクニック・グルメ探索・旅行

CODEGYMのコーチになろうと思ったきっかけは?

一人ひとりの会員様によりそった学習プランを提供するサービス内容に共感しました。

一人ひとりの会員様によりそった学習プランを提供するサービス内容に共感しました。 現在のビジネスパーソンは、進化するテクノロジーに関する知見を常に持ちながら、ビジネス構想していくことが求められていると思います。そんな時代のビジネスパーソンをコーチングでサポートする素晴らしさにも共感しました。
コーチングは相手の良さを引き出し、能力を伸ばす ことに重きを置いているのが特徴です。このような特徴を持つコーチングを使ったプログラミング学習というのは他に類を見ないのではないでしょうか。

プログラミングを学ぼうと思ったきっかけとプログラミングができてよかったと思ったことは?

女性のシステムエンジニアが地元の高専から誕生したというニュースをみたことがきっかけです。

手に職をつけたいと中学生の頃から考え始めており、女性のシステムエンジニアが地元の高専から誕生したというニュースをみたことがきっかけです。
プログラミングができたことで、就職、転職には困ったことはありませんでした。
また、フリーランスという自分のスキルだけで仕事をする場合においてもプログラミングは大きな武器になりました。 技術の習得に関しても、一つのプログラミング言語ができればその他のプログラミング言語の習得も簡単に行えます。
是非、どれか一つだけで良いのでプログラミング言語を習得して頂きたいと思います。

会員様にどんなサポートを心がけていますか?

会員様がやりたいこと、達成したい目標・目的を最も重視して、丁寧に会話しながら学習計画を立てることを心がけています。

プログラミングの学習は長期戦になると考えているため、目標・目的がないと途中で心が折れてしまったり、何のために学習しているのか?という疑問に思い始めてしまうことになりかねません。
それを防ぐには会員様が真から思い描く目標・目的が重要だと感じています。
また、学習をサポートする中では、会員様のモチベーションを継続できるよう会員様の小さな成長も見逃さずそこを伝えてあげることを心がけています。

プログラミングを学ぼうか悩んでいたり、学習につまずいている人へひとこと

アイディアがあっても、それを形にする手法がわからない方はCODEGYMの門を叩いてみてください。

プログラミングは自分のアイディアが形になるのは何とも言えない面白さがあります。アイディアがあっても、それを形にする手法がわからない方はCODEGYMの門を叩いてみてください。
または、プログラミング知識は必要そうだけどハードルが高そうと思っている方でも問題ありません。コーチが丁寧にサポートします!