学習でつまずいている方は、つまずいている原因を私たちコーチと一緒に考えてみましょう

Tatsuro Tokuume

徳梅 辰郎

小学校教諭からITコンサルタントを目指し、まずはシステム・エンジニアとして転職。 6年の開発経験を経て、2021年1月より晴れてITコンサルタントとしての転職に成功! 得意分野・領域は、Java・PHP・Python等の大規模開発、Salesforce導入・開発。趣味は海釣り。お刺身は黒鯛が好きです。

CODEGYMのコーチになろうと思ったきっかけは?

一番共感したのは「ティーチング」ではなく「コーチング」を大切にしようとしている点です。

1.会員様が、これからどのような人生を描き歩んで行きたのか
2.その実現には、どのようなサポートが必要なのか
この2点を追及できそうな点に、魅力を感じました。
「技術」とは「プログラミング」だけではなく、その「周辺知識」と言われる領域も含んでいます。 その為、プログラミングに限定したレクチャーでは、会員様の学習目的を、本当の意味で果たすことができるのか、疑問が残ります。 会員様の目的・目標次第では、具体的な課題の解消、実務の習得、などのサポートが必要になるケースもあると思っています。 そのため、CODEGYMでは、コーチ自身も新たな挑戦ができると感じ、コーチ陣に加わらせていただきました。

プログラミングを学ぼうと思ったきっかけとプログラミングができてよかったと思ったことは?

仕事に疲れて地方に移住したいと思ったのがきっかけですが、今となっては技術職の面白さに魅了されています。

きっかけは、仕事に疲れ果て、九州に移住したいな、と考え始めた事にあります。
ただ、今となっては技術職の面白さに魅了され、ゆくゆくはアメリカ・シリコンバレーのエンジニアになることが私の夢です。
「はたらく場所・はたらき方・やりたい業務・出したい成果」がわかりやすく手に入る、それがIT技術職の魅力だと思います。 努力すれば、その分しっかりと結果として返ってきます。
一歩一歩、自分の夢に近づいていける実感があるのが、良かった事だと思います。

会員様にどんなサポートを心がけていますか?

単なるレクチャーだけでなく会員様の目的・目標に必要な内容をサポート範囲に含める事を心がけています。

単なるプログラミングのレクチャーだけでなく、会員様の目的・目標に合わせ、周辺知識、実務・業務、必要な内容をサポート範囲に含める事を心がけております。 特に実務的な内容においては、実際の業務を体験してみないと理解・習得が難しい面があります。 その指導は、これまで設計・開発工程のみを主体として経験してきたエンジニアでは難しいと思われます。 私は、企画~開発~運用、管理までを経験してきていますので、その具体的な作業イメージやノウハウを、わかりやすくお伝えでできようにしていきたいと考えております。

プログラミングを学ぼうか悩んでいたり、学習につまずいている人へひとこと

最初はドキドキしますが、意外となんとかなりますよー!

学習でつまずいている方は、つまずいている原因をコーチと考えてみるのも良いと思うので、ぜひお気軽に相談してください。