継続は力なりで、日々コツコツ頑張りましょう!

Shigeki Nakamura

仲村 茂毅

大学の授業でC言語の授業があり、そこで初めてプログラミングに触れました。大学卒業後、大手ITベンダーにて金融システム開発を5年間経験。 その後、オープン系・組み込み系・Web系と幅広く経験を積んでいます。 趣味は、登山・釣り・筋トレなど、アクティブなものが多いです。

CODEGYMのコーチになろうと思ったきっかけは?

一人ひとりの特性や目標に合わせ、最善の道を見つけることができる点に、共感し応募しました。

数年前よりボランティアで、小中学生向けにプログラミングを教えており、その経験の中でプログラミングを教えるやりがいや、楽しさを覚え、プログラミング教育に興味を持っていました。
そんな中、CODEGYMの応募内容や、面談を通して、 これまでの、ただカリキュラム通り教えるだけの教育でなく、コーチングを通して、コーチと生徒が話し合い、一人ひとりの特性や目標に合わせ、最善の道を見つけることができる点に、共感し応募しました。

プログラミングを学ぼうと思ったきっかけとプログラミングができてよかったと思ったことは?

自分一人で、構想から開発まで全て行う中で、こんなに楽しいことはあるのかと感じました。

プログラミングは、学生時代の授業で学んでいる時はそこまで興味を持てませんでしたが、とあるキッカケで、スマホアプリを作ることになり、自分一人で、構想から開発まで全て行う中で、こんなに楽しいことはあるのかと感じました。自分自身で考え、創り出していくことが好きな人にはとても魅力的な分野だと思います。
また、仕事でのやりがいは、自分が作ったシステムが、誰かに使われたり、社会の役に立っているのを見ると、やりがい・嬉しさを感じます。

会員様にどんなサポートを心がけていますか?

会員様一人ひとりの目標に関して、最善の道を見つけらるように、心掛けています。

プログラミングの勉強に関しては、一般的・有名なカリキュラムがありますので、それをコーチ自身の知識や経験だけで、一方的に教えるのは簡単です。それに加えて会員様とコーチでしっかり会話することで、会員様が自分では気づいていない面に気づけたり、どういう学び方が向いているのかを見つけられることをできると思っておりますので、ヒアリングは最も大事にしております。

プログラミングを学ぼうか悩んでいたり、学習につまずいている人へひとこと

継続は力なりで、日々コツコツ頑張りましょう!