ずっと1人で悩んでしまうよりも、「まぁ現役エンジニアが言ってるんだしちょっと聞いてみるか」ということで頭が柔らかくなると思うので、 ぜひお力にならせて下さい!

Ryohei Hayafuji

早藤 良平

プログラミングは13歳頃から触り始めました。 その後IT系専門学校で学び、卒業後は大規模WebアプリケーションのPM/PGを担当しておりました。 クライアントのヒアリングから要件定義等の上流工程、サーバ設計、開発、運用・保守まで全行程の経験があります。 新人の頃から大規模システムのPMに携わったため、つまづきやすい点、トラブルになりやすい点は一通り経験してきたと思っています。

CODEGYMのコーチになろうと思ったきっかけは?

CODEGYMのコーチになろうと思ったきっかけは、よくあるプログラミングを学ぶプログラミングスクールと違うところです。

前職の会社には経営コンサル部門もありまして、「契約満了になって私達が離れたとたんにもとの業績に落ちてしまった。これではなんの意味もない。」という悲しい話をよく聞き、 プログラミングでも同じようなことが言えると思っています。
講師をさせていただいている間はしっかり勉強されて伸びるのですが、 終了後にご自身でその力を使って更に向上してもらえるようになる必要があると考えています。
その点、CODEGYMEは「コーチング」という手法を採用されているところにとても共感しました。 一時だけ集中して勉強して終わり、ではなく、コーチング終了後も継続してスキルを伸ばしていただけるように心がけております。

プログラミングを学ぼうと思ったきっかけとプログラミングができてよかったと思ったことは?

プログラミングを学ぶことで、プライベートの自分の趣味でもちょっとしたデータを整形したり、 それを活用したり、ということがすぐに思いつき、自分で実現できることが大きな利点だと思います。

私はもともと趣味でHTMLやCGIを触りはじめ、そこからプログラミングの面白さに気づき、早い段階でこの業界でご飯を食べていきたいと思うようになりました。
プログラミングを学ぶことで、プライベートの自分の趣味でもちょっとしたデータを整形したり、 それを活用したり、ということがすぐに思いつき、自分で実現できることが大きな利点だと思います。
他社にお邪魔してシステム化のヒアリングをさせていただく時も、 その場で即興でプログラムを書いて効率化できることがたくさんあり、 もし自分が1週間フリーでお邪魔させてもらったらいろんなことを効率化できるのに…と思うことがあります。
主業務としてプログラムを書く職種でない方も、ちょっとした業務をどんどん効率化していけるようになると思いますし、 IT部門や社外のシステムの方との話し合いもスムーズになることが多くなると思います。

会員様にどんなサポートを心がけていますか?

エンジニアにとって一番重要な「問題解決能力」の向上についてもサポートできればと考えております。

プログラミングを学んだからといって全てのことがわかるわけではなく、 見たこともないエラーにあたったり、詰まることはたくさんあります。
その時にいかに早く、正確に解決できるかが問われます。 毎回質問していれば全体の効率も落ちてしまい、 ケースによっては一刻を争う時もあります。 このような状況になっても落ち着いて対処できるよう、問題解決能力の向上についてもサポートできればと考えております。
また、大規模Webアプリケーションの設計から開発、運用・保守まで経験をしてきまして、 現役エンジニアだからこそお伝えできることは多々あると思いますので、 実務で考えた時にどういう所に気をつけた方が良いか、という所も合わせてお伝えできると思います。

プログラミングを学ぼうか悩んでいたり、学習につまずいている人へひとこと

一人で悩まず、ぜひお力にならせてください!

プログラミンを学ぶ上で躓きやすいポイントは必ずあります。
私も今までそれなりに勉強してたくさん躓いてきました。 ずっと1人で悩んでしまうよりも、「まぁ現役エンジニアが言ってるんだしちょっと聞いてみるか」ということで頭が柔らかくなると思うので、 ぜひお力にならせて下さい!