よくある質問

ISA (Income Share Agreement) は、アメリカの Boot Camp 型 プログラミングスクール から始まった新しい契約モデルで、就職後に発生する給与の一部を、一定期間にわたって支払うモデルです。
高い目標をもった転職を前提とした受講生に対し、選考のもと、事前に学費の支払いを頂かずに学習をしていただきます。学費の支払いは、転職に成功したあとから始まります。 また、支払いはレートによって決定し、一人ひとり年収によって支払総額が異なるのが特徴です。スクールが本気で皆さんの人生に寄り添って考えることにより、皆さんが高い年収や、望ましいキャリアになることを目指します。
カリキュラムを完了し、万が一、転職できなかった場合や、年収が一定金額を下回った場合は、お支払いの必要がありません。 そのため、スクールと学生との間で、成功とリスクがそれぞれ共有されている、フェアな契約です。詳細は、ISAポリシーのページをご確認ください。
カリキュラム修了後、希望の転職/就職しISAが有効となった場合、初任給が支払われた月を1ヶ月目と起算し、初回の給料日の翌日に、給与振込口座と同じ銀行口座からの自動引き落としが始まります。 また、入学時に一括前払の支払い方法もおあります。一括前払いの場合は、66万円+税の金額になります。
就職が成功した場合にのみ、月々の収入から10%、30ヶ月間にわたってお支払いただきます。この収入からの比率と、期間については募集時期によって変更される場合があります。 詳しくは、ISAポリシーのページをご覧ください。 ※ 支払いの総額は、給与に対して計算されるため、受講生によって異なります。ただし、どんなに高収入の職業についたとしても支払い上限額が設けられています。 ※ 給与支払い口座と同様のものを、口座引き落としによってお支払いいただきます。

ISAは所得連動で学費が決定する仕組みのため、給与が高いほど支払額が高くなる契約となります。ただし、無天井に学費が発生するのではなく、最大の支払額が設定されています。(2021年7月現在で 99万円)

あなたが当スクールの魅力であるカリキュラムや就職サポートを最大限活用し、初任給から年収550万円以上など一定の成功をおさめて就職された場合、月々の支払額は 45,800円  (月収45.8万円の10%)、30回で総額 1,374,000円 となりますが、実際には99万円に達した月(29回目)でお支払いは終了します。

ISAは、金利が発生しないモデルです。詳しくは、当社規定のISAポリシーのページをご覧ください。

はい、ISAの契約では、就職・卒業後に年収が変動した場合は、お支払いいただく学費が再計算されます。年収が上がった場合にかぎらず、減少した場合も同様に、支払額が減額されます。退職した場合、何らかの事情で休職した場合などは、その期間はお支払いは0円となり期間は猶予され、ISAが有効となる所得水準として復職された際に、お支払いが再開されます。

卒業後のお支払期間中、昇給など給与の変動、転職、休職、退職などあった際、2週間以内に通知いただく必要があります。

入校後、スムーズに学習が開始できるようにいくつかのツールを準備したり、内定者課題(例えば、指定図書)に取り組んでいただきます。内定後、丁寧にご案内致しますので、現在のスキルが不安な方もご安心ください。

Windows でも構いませんが、新しくPCを購入される方には Mac OS環境、MacBook Air/Pro を推奨しております。ご自身の予算と合わせてお選びください。

Macbookシリーズの場合
学習に必要なスペックは、一番安いエントリーモデルでまったく支障ありません。

推奨メモリ 8GB以上
モデル 2019年以降(中古で購入される場合の目安)

プロセッサについては、Intel/Apple Silicon(M1) どちらでも構いません。

受講対象者について

以下の条件に一致する必要があります。
  •  エントリー締切日基準で、満16歳以上 29歳以下の方で、IT専門職 ( エンジニア ) としての 就職・転職または起業等の意欲が明確で、カリキュラムに本気でコミットできる方
  • [ フルタイムコース ] 20週間の現在就労されていない方などが対象の日中中心のプログラムとなっております。月・火・木・金曜日の スクール開校時間(10:00~19:00)に出席することが可能、かつ、スクール外での自己時間も合わせて週40時間以上の学習時間を確保できる方。
  •  [ パートタイムコース ] 40週間の現職と両立して行う平日夜間と土曜日中心のプログラムとなっております。月・火・木・金・土曜日の スクール開校時間(19:00~22:00/土09:30~16:00)に出席することが可能、かつ、スクール外での自己時間も合わせて週20時間以上の学習時間を確保できる方。
ISA希望者の選考基準などは開示しておりませんが、多くの志望者がいる中で、 ISA のプログラムを通じて、本当に自分を変えたい、キャリアを切り開きたいという強い覚悟がある方を求めています。 学歴、現在の仕事、職歴などは選考に関わらず、入校のチャンスがあります。  ( 2021.11.26 更新 )

16歳以上であれば入校資格があります。但し、16歳から19歳の方は、保護者による親権者同意が必要です。

ISA は企業への転職・就業を前提としたスクーリング・プログラムですが、ITベンチャーの起業またはフリーランスとしての活動を目指す上で、本校に入学されている方からの問い合わせを多くいただいており、例外的に、このニーズに応えられるように現在検討中です。
  • 本スクールの ISA は日本国内の企業への転職・就業を前提としたプログラムのため、日本国内における、有効な就労ビザをご自身で取得している場合を前提としております。 本スクールは、民間のスクールにすぎず、学校法人ではないため、留学ビザ等にも対応しておりません。
  • 現在、カリキュラムや講師サポートは日本語のみをサポートしているため、日本語でのスムーズなコミュニケーションを行える必要があります。国籍における差別は一切なく、あらゆる人を受け入れられるように、スクールの拡充を目指します。
年齢によっては、一般的に異業種からの転職には難しさが伴い時間もかかるため、現在のCODEGYMのカリキュラムではサポートしきれない部分がございます。 以上の理由から、条件付き入校制度という形でご案内させていただいております。 これまでのキャリアに応じて、下記に該当される方は、エントリーを受け付けます。 【 30歳〜34歳でエントリー可能な方(※エントリー締切日基準) 】
  • IT・Web業界における非技術職での正社員での就労経験が累計5年以上の方
  • 国家資格における士業をお持ちの方で、3年以上の実務経験がある方
  • 公務員等、公職に5年以上務めた経験がある方
  • その他、当社が入校を認めた場合
( 2021.11.26 更新 )

スクール受講中について

はい。CODEGYM ISA は、オンライン学習プログラム(リモート・ラーニング)になっています。
以前は、東京・恵比寿に約40名の教室がありましたが、新型コロナウイルスの影響を受けて閉鎖し、全国の受講生を受け入れられるオンラインスクールへ生まれ変わりました。私たちは、オンラインでも、実際の教室と同じような学習の取り組みの再現に成功しています。
入校日から4週間以内は、金銭的負担なしに、いつでも辞めることができます。
5週目以降は、自己都合(コミットメント低下、学習やキャリアへの諦め、著しい成績不良によってカリキュラムを離脱せざるを得ない場合)により、受講を諦め退校を希望した場合には、1週間ごとに在籍保証金が発生し、退校時にその期間にあわせて支払う必要があります。詳しくは、当社規定の ISAに関するポリシーのページ をご覧ください。
※選考を経て入校した場合でも、5週目以降のカリキュラムに進むためには、所定の適性判断基準をクリアする必要があります。
入校後、最初の4週間の間は適性判断期間と呼ばれる期間がございます。 本期間は、CODEGYM ISAでの学習スタイルがあっているか、学習を継続することが出来そうかをお互いに判断する期間です。
この期間中に、何らかの事情でCODEGYM ISAを退校する場合は、学費の支払いは一切必要ありません。 5週目以降のカリキュラムに進むためには、所定の適性判断基準をクリアする必要があります。
計画的な学習、理解度テスト、コミュニケーションなど様々な観点から総合的に判断致します。
基本的に学習期間内に終わるようにカリキュラムは設計されています。本スクールは、一定のコミットメントが必要です。スクールのあらかじめ設けている学習時間を満たしていない場合や、著しく学習の成績が乏しい場合には、4週目時点でのご退校をお願いする場合があります。詳しくは、ISAとは のページをご確認ください。

いいえ。受講生の方に、学習期間中に、本来は有償労働であるべき何らかの就業行為に関わるようなことは、CODECYM ISAのカリキュラムにはありません。

 ただし、将来的にスポンサー企業からの講座の仕組みや、有給インターン研修をカリキュラム内に取り入れる可能性があります。

最善を尽くします。CODEGYM の運営会社または提携先企業は、厚労省の職業紹介事業としての許認可を取得のうえ、卒業生の望む転職のための職業紹介を実施することがあります。

いいえ。CODEGYM ISAが最も大切にしている思想は、「就職率」の実績値ではなく「業界で活躍する人の輩出」で、就職活動においてキャリアプログラムは、あくまでご自身が希望するキャリアを見つける上での、お手伝いとなります。

受講生が望む転職先が見つかることが重要なので、ミスマッチにつながる望まない就業斡旋を行うことはありません。入学時から、一人ひとりと丁寧な面談を行い、学習中も定期的にキャリア相談に乗ります。