ISAとは

初期費用のかからない出世払い契約

初期費用のかからない
出世払い契約

初期費用の捻出が難しい方でも、学ぶ意欲があれば高度な教育を受けることができます。ISAとはIncome Share Agreement(所得分配契約)の略で教育機関と学生の新しい契約モデル。受講料の支払いが発生せず、卒業後に一定期間、給与からあらかじめ定めた割合で支払う契約です。
ローンとは違い、転職後の収入が一定以上にならないと支払い義務が発生しない為、卒業後にローン返済に苦しむリスクが減ります。 これまでの学歴、経歴、収入に関係なく、チャレンジしたい人を応援するお支払い方法です。

入会金・授業料

¥

CODEGYM ISA の入会金・卒業し転職が決定するまでに発生する授業料はありません。

学習カリキュラムを経て
年収276万円以上の就職に成功

給与からの支払い率

10 %

就職成功後、月給額面の10%を30ヶ月(回)かけて、CODEGYMに支払います。初任給が振り込まれた翌日から銀行引き落としでお支払いがスタートします。

就職するまで学費が発生しない

CODEGYMを卒業し転職が決定するまで、発生する受講料はありません。

就職後、所得に連動してお支払いが開始

就職成功後、月給額面の10%を30ヶ月(回)かけて、CODEGYMに支払いを行います。支払いは、初任給が振り込まれた翌日から銀行引き落としでスタートします。
※途中で給与が変動した場合、毎月のお支払い金額は連動します。スクールを経ても就職ができなかった場合や、就職後に何らかの事情での離職期間中などは、その期間ご請求は停止されます。

ISAの特徴

誰もが平等に、学歴や環境に制限しないチャンスを。

CODEGYMは、学歴、家庭環境、現在の年収、住んでいる地域によらず、エントリーから就職活動まで全てオンラインによるサポートを実施します。日本国内で就労可能な満16歳から34歳の方が、チャレンジできます。(30歳〜34歳の方は、入校に所定の条件があります)

転職実現するまで、学費なし。
お支払いは未来の初任給から。

CODEGYMは、学歴、家庭環境、現在の年収、住んでいる地域によらず、エントリーから就職活動まで全てオンラインによるサポートを実施します。日本国内で就労可能な満16歳から34歳の方が、チャレンジできます。(30歳〜34歳の方は、入校に所定の条件があります)

あなたの成功が、学校の成功です。
自信があるから出来ること。

ISA は、成功したあとに料金の支払いが開始されます。そして、後払いで払う料金の総額は、あなたが卒業後の年収に応じて決定されます。受講生と学生が、成功とリスクをそれぞれ共有することで、フェアな契約のもと、共に目標実現を目指す関係性を構築できます。

ISAに関する約束ごと

給与からの支払い率

10 %

卒業後の支払期間

30ヶ月

ISAが有効となる年収下限額

276 万 円

お支払いの上限額について

ISA により定められた「支払期間」にかかわらず、お支払いの総額が99万円に達した時点で、ISA の支払いは終了します。 このため、高収入で転職に成功した場合であっても、お支払いの総額は最高額は決定しています。
ISA ( Income Share Agreement ) は、転職を前提とした高い目標をもった受講生に対し、選考のもと、 事前に受講料の支払いを頂かずに学習する新しい契約モデルです。 また、支払いはレートによって決定し、一人ひとり年収によって支払総額が異なるのが特徴です。 本気で取り組んだ結果、ISAポリシーに基づく一定条件での就職ができなかった場合、受講料の請求は発生しません。 ISA はローンではなく、金利はありません。先払いでの受講料をいただかない代わり、スクールが学習・就職支援を行った結果、弊社が指定した額面年収(理論年収) での条件でIT専門職として就職が実現した場合のみ、一定の期間にわたって、額面給与の 10% 相当額をお支払いいただきます。 スクールは本気で皆さんの人生に寄り添って考えることにより、皆さんが高い年収や、望ましいキャリアになることを目指します。そのため、スクールと受講生との間で、成功とリスクがそれぞれ共有されているフェアな契約です。
ISAでの受講を希望の場合は、通常の選考とは別に選考面接やエントリーシートによる選考を行います。
合格し、Webプログラミング基礎の学習を開始した最初の数週間※の間には「適性判断期間」と呼ばれる期間が設けられます。
Webプログラミング応用以降のプログラムに進むためには、所定の適性判断基準をクリアする必要があります。 この期間は、Webプログラミング基礎を経て、Webプログラミング応用から始まる集中プログラムにコミットができそうかの判断を行うだけではなく、受講生自身がプログラミングが自分に向いているかどうか、本当にエンジニアとしてキャリアをスタートさせたいかをご自身で判断していただくための期間でもあります。 適性判断期間中に退校を決意した場合は、受講料の支払い義務は発生しません。
一方で、Webプログラミング応用プログラム開始の期間から、ISA における最低支払金額(年収276万円での月額面給与 x 10% x 30ヶ月)である690,000円を、それぞれのコースの週数で割った金額の在籍保証金が、1週間ごとに発生します。この在籍保証料は、所定のカリキュラム修了する前に、受講生が自己都合で退校された場合のみに請求されるものです。
私たちは、スクールと受講生は同じリスク/ 同じ成功を共有する共同コミュニティで考え、性善説のもと、スクールのプログラムを運営します。
受講料の支払いは、転職に成功したあとから始まります。

まずは無料オンライン相談に
お申し込みください

「出世払いについてもっと詳しく知りたい」「自分のこれからのキャリアに悩んでいる」 「興味はあるけど転職できるか不安…」などなど.. 無料で丁寧にあなたのお悩みにお答えします。